今月は ここまでです

f:id:tomibetucyo:20230131175317j:image

前回の記事にあります 1/150の歩道を利用したホームを仕上げ、木粉粘土で細かな地形をつくったり 部分的にサンドペーパーやプラスチックペーパーを貼り付け地面とした姿をご覧ください。

まだ仮置き状態の芝生風シートや家もありますが、このあとも余り手を掛けずに仕上げていく予定です。

風車は 高さもありますので 置いてあるだけですが、地面としたサンドペーパーが 滑り止めの役目を果たして半固定風になっています。

イラクリベリアの家は まだ地面もできていませんが、ユネスコ村の古い映像にリベリアの家前にキリンの像が2体映っていましたので ちょっと真似て 旭山動物園みやげのキリンを置いてみることにしました(笑)

縮尺は ギリギリOKとおもわれますが、一体しかないのが 残念ですね。

地形をつくる

今回は MDF製のベースボードを使用し 表面に直接線路を敷設していますので、なるべく余分な水分を使わずにすすめていきます。


f:id:tomibetucyo:20230122154912j:image

ほとんどの地面はボード表面より高くなりますので、有り合わせのスチレンボードを重ねて大まかな地形をつくっておきます。

不足部分は ゴミ箱から拾って来たものもありますが、なんとかなりそうです。


f:id:tomibetucyo:20230122162047j:image

停留所のホーム面は 周辺の地面とほぼ面一にしますので 津川洋行さんの1/150舗道を利用することにしました。

ちょっとおかしな気もしますが、縮尺の違いがあっても 使えそうなものは工夫しながら使って 余剰在庫を減らす作戦です。

停留所付近の地面

f:id:tomibetucyo:20230119124832j:image

停留所周辺は 車輌を線路に載せるのが楽なことや 踏切の工作を簡易化するためもあり ワイドトラムレールを使用していますが、線路の外側もバスコレ走行システムのパーツを利用して舗装道路風にしてみました。

縮尺が違うとはいえ せっかく走行可能な道路ですので、右隣のボードへ延長出来るよう飾り板を一部カットして接続出来るようにしておきました。


f:id:tomibetucyo:20230119125822j:image

ユネスコ村にも カバとゾウの形をした結構大きな オトギバス があったようですが、ゆくゆくは もっと小型の遊覧バス風の乗り物に乗り換えられるようにしたいとおもいます。

コントローラーの再考

このレイアウト(セクション)で使用している線路は TOMIX製で、R140のミニカーブレールと小型ポイントの組み合わせで、2ヶ所のポイントを切り換えることにより 独立したエンドレスのレイアウトとしても楽しめるわけですが、この小さなサイズにより玩具的な車輌と共に遊園地的な雰囲気がより高まったようにおもいます。


f:id:tomibetucyo:20230116092349j:image

 運転は 既製品のパワーパックにコードを接続して使用し  BL+オープン客車x2の走行に問題がないことを確認しましたが、今までは コントローラー内蔵を標準装備としてきましたので ちょっと違和感を感じていました。

簡単に楽しむ方法はないかとおもっていたところ、どなたかのツイッターにセリアさんの調光機能付きLEDジュエリーライトをコントローラーに利用している記事があったのを思いだし さっそく入手し テストしてみましたが、使用可能と判断しました。


f:id:tomibetucyo:20230116202337j:image

耐久性がわかりませんので ボード上面に取り付け マンガン電池交換とメンテナンスを容易にし、ボリュームのツマミと逆転スイッチを取り付けて出来上がりです。

わずかですがスピードのコントロールも出来 マックスでもゆっくりの域を出ないのは 逆にこのおとぎ電車らしいと気に入っています。

カットしたLEDも使用予定ですので、実に安価なコントローラーとなりましたが、もちろん 外付けのコントローラーも使用出来るままにしてあります。

ベースボードの下準備

f:id:tomibetucyo:20230114154950j:image

今回は ベースボード上に直接線路を固定しますので、フィーダーやポイント駆動コード用の孔をあけ、ボード周囲の飾り板も準備しました。

今までは ボード内にコントローラーを内蔵する形で制作してきましたが、このボードのエンドレスにはTOMIX製品を加工無しで使用しますので 前面右孔からフィーダーとポイント駆動コードを引き出し、その左側に照明用の3V電池ボックスからのスイッチを取り付けます。

飾り板を先に接着してから 作業にはいりますので、今夜一晩 固着待ちです。

続 セイロンティー ハウス

f:id:tomibetucyo:20230111163808j:image

「いらっしゃいませ  セイロンティー ハウスへ ようこそ!」

 

f:id:tomibetucyo:20230111113022j:image

今日の作業は まず 壁面を 残り物のスプレー缶で西武アイボリーに塗装しましたが、途中で空に!

幸い壁面はなんとか塗れていますので ドアのみクリーム色1号をスプレーし、後はすべて筆塗りで仕上げていきます。


f:id:tomibetucyo:20230111155855j:image

建具類は ウッドブラウンに ベランダ周りはガルグレーにそれぞれ塗装しました。


f:id:tomibetucyo:20230111160041j:image

組み上げる前にベランダの客席をセットしておきます。


f:id:tomibetucyo:20230111161743j:image
f:id:tomibetucyo:20230111161804j:image

前面のフェンス?と屋根を接着すれば セイロンの家の出来上がりです。

レイアウト上では、最上部の画像のようになる予定です。

セイロンティー ハウス

このセイロンの家も簡単に塗装だけで 仕上げる予定でしたが、軒飾りの接着の雑さを修正し 塗り分けを考えて 少し分解してみました。


f:id:tomibetucyo:20230105191316j:image

軒飾りは 全体的に接着位置を間違えていましたが、粗さの目立つ一部の修正だけにとどめました。


f:id:tomibetucyo:20230109195308j:image

屋根瓦は茶系の色に 軒飾りは白色に塗装しましたが、このあと 壁面は白っぽい色に、建具類は薄めの茶系の色で塗装します。

最下部のベースは使用せず、コンクリート舗装に見立てたボール紙の地面に載せる(埋め込む)予定です。


f:id:tomibetucyo:20230109200535j:image

また、ホーム部分に使用しているワイドトラムレールですが、右側の踏切予定部分迄 延長して工作の簡略化をはかることにしました。