ストラクチャー

小さなホーム

レイアウトの前面 ほぼ中央に設置するための 小さなホームを、有り合わせの材料でつくりました。 直線線路の長さにカットした角材を芯にして上面に紙ヤスリを貼り 周囲を細い角材で飾っただけですが、簡易軌道並みのホームになっちゃいましたね。 実際に設置…

小屋の組み立て

結局 板張りの小屋は窓の位置を変更して組み立てることにしました。 板張りの隙間を強調するため内側のパーツを着色し、戸はプラの筋目板を塗装したものに交換し、一部の窓は開けた状態に加工していこうとおもいます。 内外二枚を張り合わせた各壁面を接着し…

母べえの家の庭

前回の記事通り オリジナルのベースいっぱい に庭を広げてみました。 井戸を後方に移設して、代わりにゴミ箱を置き、物干しには洗濯物を掛けてみました。 こちらも梅桜堂さんの物干しに付属の洗濯物の一部を使用しました。 これで、この家も植生を残し出来上…

小屋をつくる前に

届いたばかりの木製パネルに線路と母べえの家を置いてみましたが、右側の庭を広げて物干しを家屋から離し 井戸は後方に移設して元の位置にはゴミ箱を置くことにしました。 ゴミ箱は やはり梅桜堂さんのコンクリート製ゴミ箱を組み立てたもので、仮置きですが…

使用車輌と小屋

この小さなエンドレスを走るのはやはり単端がふさわしいとおもい、ちょっとクラシックな車輌を用意しました。 2021年6月28日の「古い写真」の記事にも登場していますが、津川洋行さんの西大寺鉄道キハ5を動力化し 前面にアルモデルさんのA型ボンネットを取り付…

「母べえ」の家

各部材 特にベースの反りはあまり修正できませんでしたが、一応組み立ては終了です。 二種類のフォーリッジも付属していますが、植生は 後程まとめての作業とします。 昨年のカレンダーを二つ折りにしてトミックスさんの小径線路を使ったエンドレス内に置い…

最近の作業

10月末以来の更新になりますが、この期間 当軌道の作業は皆無でして 暖かい場所で NとZのストラクチャー制作を続けておりました。 この記事も予定しておりませんでしたが 組み立て後の姿をご覧いただくことにしました。 店頭のアクセサリー類が無く 殺風景で…

風呂場の灯り

今日は鉄道の日ですが、お風呂の話でご容赦ください。 新作である職員用風呂場の照明は、延長部にある他の建物と一括でオン・オフ出来る配線としましたが、夕刻 詰所や車庫が暗い時でも 風呂場だけが明るい風景も見たいし、車庫の後方にありますので少しでも…

職員用風呂場 10 完結編

今日は最後に屋根を仕上げ レイアウト上に設置し、作業を完了したいとおもいます。 オリジナルは波板葺きですが、菱葺きに変更し北海道らしさを表現します。 屋根板は 説明書に波板カット用の寸法入りの図がありますので、短縮した分と菱のサイズを考慮して…

職員用風呂場 9

枠状に接着した4面の外壁に [職員用風呂場 3] にて用意しておいた下見板を張っていきます。 内装の工作に結構時間をかけてしまいましたが、直ぐ作業に入れますので 今日中には終わらせたいとおもいます。 コーナー部分の処理を考え、両妻板からスタートしま…

職員用風呂場 8

そろそろ下見板を張る準備にはいります。 画像中央の壁面のように、各窓と入口の周囲に細切りにしたグレーの紙を貼り付けていきます。 付属の窓と戸はレッドブラウン塗装後下部にジャーマングレーをスプレーし、裏面に同サイズにカットしたアクリル板を接着…

職員用風呂場 7

今日も照明の続きからスタートします。 先ずは、地面に照明の配線用に孔を開け、 地下の電源ターミナル間のリード線を準備しておきます。 LEDの配線もはんだ付けし、下に落とし込めるよう壁面に接着しておきます。 テストを兼ねて点灯してみました。 有り合…

職員用風呂場 6

浴室と脱衣所の仕切り上部に角穴を開け、LEDをはめ込みました。 1つのLEDで、両方を照らすわけです。 浴室側の床から配線を立ち上げ結線する予定ですが、このレイアウトは本体と延長部分が分割可能で、接続する配線を少なくするため延長部分の照明は3Vの乾…

職員用風呂場 5

昨夜からの工作を続けます。 浴室と脱衣所の仕切りに、新調したアルミのドアと窓を設け、脱衣所の床、脱衣かごと棚 そしてボイラー室の仕切りをつくり、照明と小物以外のパーツが来上がりました。 これらを所定の位置に配置してみました。 本来ならもう少し…

職員用風呂場 4

昨日は内装に使えそうな素材やらアクセサリーやらを物色しておりましたが、檜の工作材がありましたので、軽く呑みながら檜造りの浴槽をつくってみました。 残念ながら、浴槽の底はSTウッドを貼り付けましたので総檜とは言えないものの ちょっと贅沢なお風呂…

職員用風呂場 3

内装は、とりあえず内壁腰板部分にグレーの紙を貼りモルタル仕上げに、浴室の床はタイル張りにしたいのですが何を使えばそれらしくなるのか、少し考えてみましょう。 下見板用のSTウッドはアルコール系のマーカーでグレー系の色に染め上げ、3mm幅にカットし…

職員用風呂場 2

重機班の助けも借りて 昨日中にコンテナ倉庫を左側にずらし、丸太は車庫の入口付近に移動しておきました。 今日は、風呂場壁面と屋根板の短縮からはじめます。 カットした壁面に妻板をはめ込むための切り込みをつくり仮り組みしてみます。 室内はつくらない…

職員用風呂場 1

毎日暑い日が続いておりますが、1/80世界の丹音別にも職員より要望の多かった風呂場を設けることになりました。 コンテナの倉庫を左側に少し移動し 丸太のある場所に設置します。 現在は奥行臼駅跡に移設されている春別駅にあった風呂場を参考に、ヒルマモデ…

N ゴーモデルさんの工場

久しぶりのN版制作記事です。 その昔、米国等へ向けてのブラスモデルを制作していたメーカーのひとつにゴーモデルさんがあります。 確か秋田県に工場が有ったとおもいますが、後藤さんとおっしゃる方が経営していらっしゃったと記憶しております。 トミーテ…

作業続行中

煙突を取り付ける前に、詰所内部を簡単に作っておきます。 テーブルとイス、ベンチ、黒板等を配置し、作業員達も3名待機中です。 肝心のストーブは秋口に準備するため、この季節は置いていません。 屋根を載せ、はしご状の支持材と煙突本体を取り付け、よう…

詰所の煙突

ようやく、詰所の煙突に着手することができました。 今回の材料は、あらかじめタンで塗装した真鍮製のはしごとプラのランナーに綿棒の軸を継ぎ足した煙突です。 細く切った薄紙を6mm位の間隔で巻き付け、土管のフランジ部分を表現します。 煙突も塗装を済ま…

機関庫完成です

今日は、機関庫を仕上げます。 接着剤が、完全に固着しているのを確認し、壁面全体に薄めたグレーのアクリル絵具を塗り艶を落とし、重しをして反りを修正します。 新たな虫ピンと煙突も塗装しておきます。 屋根に煙突を取り付け、多少ウェザリングしておきま…

作業の続きと機関庫

レイアウトは昨日の続きからスタートしました。 ルピナスの下草と駐車場奥のブッシュを仕上げ、道路から右側は一応終了します。 野生化したルピナスを愛でながら、一休みしましょうか。 さて、一服した後は、機関庫の組み立てですね。 例によって、アルコー…

今日の作業

昨日の続きで、ボード右側のコーナー部分からスタートしました。 100円ショップで入手したモス風のシートとフォリッジクラスターの草地やブッシュに、樹木を植えていきます。 こちら側にも、ルピナスを三株植えて線路外側の出来上がりです。 同様に、線路の…

出来上がりました

昨日の続きでルピナスの工作を続け、全16株が出来上がりました。 1株のベースに12個の穴が開いていますので合計192本の花や葉の茎を差し込んだことになります。 さすがにちょっと疲れましたね。 しかし、午後からは詰所の屋根の工作を進めました。 日通営業…

壁面 完成です!

下見板貼り付けの続きです。 組立説明書を熟読し、各コーナーでの壁面の重なりを確認し進めてゆきます。 さきに、倉庫部分が出来上がりました。 柱等は、オリジナルを切りだしたり、その台紙を細く切りだして使用しています。 詰所の正面部分は建具類の加工…

始めました!

悩みに悩んでおりました詰所ですが、結局キット利用で外壁を下見板張りに変更し、屋根のトタンも変更して制作することに決定しました。 すなわち、壁面はキットの内枠をそのまま利用、外壁は柱部分のみ使用し、キットの板張り部分をエコーモデルさんのSTウッ…

再開します!

一週間ほど間が空いてしまいましたが、本日(正確には昨日深夜)より工作再開です。 まず、集乳所構内の引き込み線に、職員用の横断歩道を設置しました。 津川洋行さんのNゲージ用ですが、ちょうどいい感じです。 手前側には、一般車両の進入を禁止するバリケ…

車庫の制作と小工作

今までも、制作途中で画像に出ていた車庫が形になりました。 ベースとなったのは TOMYTECさんの1/150 ジオコレの体育館です。 Nナローの車庫にしようと改造中だったものを流用しました。 1階部分と出入り口のある壁面はすでにカットしてありましたので、下部…

リバース線への配線とミルクステーション

前の位置より90°左にひねった位置に移動しました。 やはり、移動の際には分割出来たほうが楽ですので、このレイアウトも分割式として制作していくことにします。 で、画像では見えませんが、地下の隠しリバース線への配線とポイントの加工が終了しました。 …