国水鉱山

坑道地面をつくる

今日は地面を仕上げ、坑道自体は完成とします。 もっと土っぽくしようともおもいましたが、いつもと同じバラストを使い、黒っぽい色に仕上げました。 エンドレスの黒く見えるところだけを仕上げました。 また、乾燥待ちになりますので、レール上面をクリーニ…

坑道壁面をつくる 2

壁面の工作を続けます。 黒や茶系の色をメインに、アルミフォイルの壁面を塗装します。 乾燥後、前半分の線路脇に接着していきます。 当初は、開口部から見える壁面には丸太の支持材を設ける予定でしたが、左下の一ヶ所だけにしました。 線路と壁面の間は、…

坑道壁面をつくる

N版の町営軌道は昨日で主要な工作が終了しましたので、余分なコースターフをクリーナーで吸い取りレールをクリーニングし、エンドレスの試運転を行いました。 特に問題は有りませんでしたので、国水鉱山の工作に掛かります。 壁面となるアルミフォイルは少し…

坑道をつくる

開口部から見える坑道内部をつくっていきますが、坑道の天井部はあまり見えませんから省略し、壁面だけをつくっていきます。 前面半分くらいのみ角材と発泡材で大まかな形をつくっていきます。 こんな感じですが、左端には小さな空間を設け機材を置くつもり…

こちらもエンドレス

町営軌道のバラストを仕上げる前に、国水鉱山内の軌道を敷設しておくことにしました。 各配線をはんだ付けし、テスターにてチェックしておきます。エンドレスの線路は、両面テープにて固定します。 手前側の見えるレールのみ錆色に塗装しました。 KATO製のコ…

N 右側ユニット基礎完成

昨夜のうちに、下段のボードと化粧板のほとんどを接着しておきました。 ボードはポリプロピレン製ですが、ハニカム構造の隙間に木工用接着剤を詰め固定しましたが、これで大丈夫なようです。上部のボードは、エンドレスのメンテナンスを考え、載せるだけにし…

N 坑道レイアウト着工

エンドレス化も順調に進んでおり、今日からカーブ部分のユニット?を制作していきます。 まずは、右側のユニットから始めますが、前にも述べましたように、地下部分に国水鉱山の坑道の一部がみえるエンドレスを設置します。 バテロコと鉱車は、すでにこのブ…

鉱車を塗って完成です

今回の記事が当ブログ200回目の投稿になります。 この春より 軽便鉄模アンテナ上にて更新を紹介していただいていることもあり、皆様からのアクセス数も一万回を越え、レイアウト制作の大きな励みになっております。 改めまして、心より御礼申し上げます。 最…

鉱車を組み立てる

早や、軽便祭からも一週間の時が流れ、肌寒さを感じる日もあるこの頃ですが、レイアウトは一向に進まず、もう9月も終わろうとしています。 先のバテロコの記事ではナベトロを牽引していましたが、坑内にはやはりそれらしい鉱車がほしいとおもい、モデルアイ…

バッテリーロコ 完結

やはり、ヘッドライトはバルブを目立たなくするために、オリジナルのヘッドライトの前部にプラのパイプを輪切りにして接着しました。 下地に黒色を塗り、シルバーに仕上げましたが、いい感じに仕上がりました。 後部には、手持ちのなベトロのカプラーに合わ…

バッテリーロコ 完成です が

予定通り、今日は運転手さんを乗せ、作業中の姿になりました。 前出の写真集には、シートカバー代わりに段ボール箱を逆さにして被せた画像がありましたので、ちょっと真似してみました。 これで完成ですが、ヘッドライトに使用したマイクロバルブが飛び出し…

バッテリーロコ 続き

今日は、ヘッドライトの工作です。 昨今は、照明といえばLEDが主流ですが、今回は、懐かしいマイクロバルブを使用してみました。 暗い坑道内には少しでも暖かみのある灯りがふさわしいとおもったからです。 車体のヘッドライトはドリルにて貫通させ、動力ユ…

バッテリーロコ

今日は、バテロコの塗装です。 まず、オキサイドレッドのサーフェイサーを吹き付けます。 おもった通り、表面の平滑さの差がそのままでていますが、このまま塗装します。 手持ちの赤みの強い黄色を吹き付けましたが、少し厚めに塗り乾燥前にドライヤーで表面…

鉱山から始めます

今日は実物の鉱山の一例として、日本クローム工業 若松鉱山で働くバテロコを写真集を見ながらあれこれ考察しておりました。 峯尾 潤氏によるこちらの写真集には、2トンや3トンのバテロコが四季を通して活躍する姿が美しく記録されており、坑内の画像も見るこ…

9月になりました

8月中に取り掛かろうと思っていたN版レイアウトのエンドレス化は、結局何も進展しないまま 9月を迎えることとなってしまいました。 連日の暑さも少し和らぎ、今日は作業台の整理から手を付け、何とか工作への意欲を取り戻したところです。 国水鉱山用にと、…